[TradeStation]エグジット用のストラテジのお勉強

トレステのバックテストで使用するエグジット(決済注文)のストラテジのお勉強です。

もともと組み込まれている
・StopLoss
・StopLoss LX
・StopLoss SX
のEasyLanguageの読んでみました。
上記のストラテジはいずれも逆指値注文によるエグジットです。

引数:PositionBasis
 True:ポジション単位の金額
 False:1株単位の金額指定

引数:Amount
 逆指値注文時の金額を指定

<コード例> PositionBasis=True 時
SetStopPosition;
SetStopLoss( Amount );

<コード例> PositionBasis=False 時
SetStopShare;
SetStopLoss( Amount );



[補足]
SetStopLoss(金額);が実行されると、
チャート上には”Stop Loss”とラベルが出力されます。
ビルトインの機能のため、このラベル変更できないみたいですね。
エントリ時のBuyやSellにはラベルがつけられるのに、、、

この記事へのコメント